コメント

中川敬さん(ソウルフラワーユニオン)

排外主義者、差別扇動者たちが跳梁跋扈する2014年の大阪の路上。毅然とヘイトに対峙する人々の群像を丹念に追った重要な記録映画である。日本国に生きるすべての者が、今こそ観るべき映画だ。

KOさん(SLANG)

日本における根深い人種差別問題を様々な角度から映し出している記録映画。過去にこれほど〝ヘイト〟に関わる人々の思いを描写した記録映像などあっただろうか。断言してもいい。ここに記録された問題の本質をないがしろにしたまま、日本が世界の未来を観ることなど絶対にできない。

原一男さん

私はその実態については詳しく知らなかったが、その実態の毒々しさに驚いた。
知らないでいることの罪を感じたものだ